東京・千葉★キャンドル教室・手づくりキャンドルとワックスアート★MIKI TANAKA

mikitanaka.exblog.jp

カテゴリ:未分類( 120 )

たまには、自分のこと

e0248558_05073719.jpg

キャンドルの仕事を始めて8年。
今まで様々な仕事をしてきましたが、気がつけば1番長く続いていることになります。

個人事業主という形になりますので、収入は時によって様々。
一時は、続けられるかー?と思うほど、収入が無い時もありましたが、
最近ではおかげさまで委託先と、レッスン、イベントが徐々に増えてきて、やっと軌道に乗っていると感じているこの頃です。
ただ、家にいて篭ることも多いので、主婦業との兼ね合いが難しいのが正直なところ。

朝4時半に起きて大きなお弁当作りに加えて、
学校の行事のほかにも、部活のお世話、習い事の送迎。
3人ともスポーツをやっていますので、怪我をしたと呼び出されることもしょっちゅうです。
車の運転ができなかったらどうなっていたか!

でも、家のことをやっていることで、
仕事に煮詰まった時に気分転換ができたり、
落ち込んでも子供といることで気持ちが紛れたり、
支えられている部分も沢山あることも否定できません。

そして、いつもは家族とゆっくり話す機会も少ないので、呼び出されて病院に連れて行く間がやっと1人の子供と向き合える時間だったりします。
(それで怪我が多いのかな?と思うくらい)

そして何より、自由にさせてくれている夫には、本当に感謝の気持ちしかありません。

家族のことと、仕事。
不器用なのにいろいろ引き受けることも多くて、余裕が持てない時もありますが、
頑張る時はやりたいし、
遊ぶ時は思い切り遊びたい。
欲張りですが、あとで後悔しないように。

さて、キャンドルシーズンがやってきました!
楽しみなイベントも盛りだくさんです。

体調を整えつつ、やっていきたいと思っています。












[PR]
by miki-candle | 2016-09-10 04:42 | Comments(0)

完成!

e0248558_19363493.jpg

プロフェッショナルレッスン。

前回のキャンドルが出来上がりました。
キャンドルモールドは逆さにして作るので、できあがったらひっくり返します。
上下が変わると、印象も変わりますね。
型から抜く瞬間がとても楽しみ。

層になったレイヤーキャンドルは少しずつ、時間をかけて出来上がりました。
こちらは、注ぐワックスが熱すぎると下の段が溶けてしまいますので、また注意が必要です。

ロウを溶かして流す、ということだけでも様々なことに注意が必要です。
でもその分、少し変えればいろんなバリエーションになる、ということでもあるんですね。

モールドのキャンドルは、面白いけど難しい!という方が多いので、9月からの本科では、少し順番を変えるようにします。
よりも作りやすいものから始めていきます。

あかりlaboでは、
基礎から学べるプロフェッショナルレッスン、
今までのワークショップメニューから選べるメニューレッスン、
そして、好きなものが作れるフリーレッスン、
シリコンモールド制作レッスンなど、
様々な種類を取り揃えています。

詳しくはHPあかりlaboをご覧ください。

















[PR]
by miki-candle | 2016-09-01 19:33 | Comments(0)

全員が可愛いのできました

毎月一回のギャラリー林檎の木でのレッスン。
今年で4年目になります。

台風の次の日だった昨日、
林檎の木は、大変なことになっていました。
e0248558_10420143.jpg

がーん!
デッキが壊れてる!
オーナーの河合さんが応急処置を施してくれました。

さて、そんな中でのレッスンは
e0248558_10420215.jpg

プレゼントボックスキャンドル。
ふたが開くタイプです。

やっぱり、ふたが開くほうがいいのか…と実感。
また販売用に新しいものが出来上がりそうです。

ヤモリの赤ちゃんが部屋の中にいたりして、
初めましての方含めてわいわい出来上がりました。

ご参加ありがとうございました。
来月は蜜蝋のキャンドルです。
10月18日10時から、お楽しみに。



[PR]
by miki-candle | 2016-08-24 10:20 | Comments(0)

plantscafeでのプライベートレッスン

e0248558_00543231.jpg

久しぶりのplantscafe
平日午前クラスの皆さんです。

平日午前クラスとか名前が付いてますが、メンバーが決まっているわけではなく、
平日の午前中希望の人を集めたら、いつも来てくれるメンバーが同じになってきたのです。
(もちろんどなたでも一緒にどうぞ)

この日は、通ってくださってる方のお嬢さん(ご結婚されたばかり)も来てくださいました。

ソイワックスのキャンドルは、クリーミーな雰囲気がとても人気です。
ドライフラワーとの組み合わせはバッチリですね。

下の方、皆さん少し色を変えていました。
わかりますか?

4名全員がきれいにできました。
ちょっと、鳥肌たちそうでした笑。
ご参加ありがとうございました。

門前仲町plantscafeでのレッスンは、お好きな日時でできる、プライベートレッスンという形をとらせてもらっています。

もし、この日にこれを作りたいけど、1人では嫌だわ〜という場合は、ご相談ください。
私の方から声をかけて集めることもできます。

あかりlabo
[PR]
by miki-candle | 2016-08-16 00:49 | Comments(0)

モールドキャンドルは、奥が深い。

e0248558_21261804.jpg

シンプルなキャンドル。
色が変わると印象がぐっと変わります。
簡単そうに見えて、ごまかしの効かないキャンドル。

キャンドルの材料として代表的なパラフィンワックスと、添加剤を加えたもの。
添加剤を入れることでどんな特徴がでるのか、実際に体験してもらいます。

色を変えるだけでぐっと雰囲気が変わりますね。
私も作りたくなりました。

オーソドックスなレッスンから、いよいよ次回から個性を出していくレッスンへ。
楽しみです。

さて、毎日のように、プロフェッショナルレッスンの生徒さんから連絡が入ります。

うまくいきましたー!という声も、
こんなの作ってみましたー!も。
ここがうまくいかないけど、原因は?
というのも。

プロフェッショナルレッスンという名前を掲げていますが、一通りのワックスの知識を得て技法を学んで、だけでは残念ながらまだ自分のものにはなっていません。
基礎を学んだら、自分のものにするために、あとはとにかく作る事です。
忘れないように、レッスンの復習をするのもおすすめです。
あとは、燃焼実験も重ねれば、どこにでも出せる満足のいく1つが必ず出来上がります。

そのくらい、キャンドル作りは奥が深いし、難しいところもあるんですよ。

だから、レッスンを終了したらさようなら、というのでは、全然時間が足りないんです。
その後の方が大事。
そう思って、生徒さんからの質問はいつでも受けることにしています。

誰が頑張ってる、と自分と比べずに、生徒さんがそれぞれのペースで、頑張ってもらいたいなと思っています。

あかりlabo










[PR]
by miki-candle | 2016-08-11 21:18 | Comments(0)

花工房 Tiareでのキャンドル販売に種類が増えました

ソイワックスで作った小さなキャンドルを販売してくださっている、花工房Tiareさん。



今回、新作を置いてもらうことになりました。

ヒトデのプレゼントボックスキャンドル

ロールキャンドル
※こちらは飾りやすい、通常よりひと回り小さなタイプとなります。

少しずつ納品していますので、売り切れの際はご容赦ください。

よろしくお願い致します!

花工房TiareBlog

[PR]
by miki-candle | 2016-08-07 08:20 | Comments(0)

いつも感動できること

あかりlaboプロフェッショナルレッスン4日目。
都内から来てくださっている、Hさん。
夏休みで娘がいる場合がありますが、バリバリ行きます。

e0248558_22502498.jpg

ホイップに比べて、シートに流して成型する方法は作れば作るほど上手くなるので、面白くてよく使っています。
飴細工のように一瞬で形をかえるところが楽しい。
画像はそのあと、ディップしているところ。

色が入ると、命が吹き込まれたように表情を変えます。
りんごキャンドル。

e0248558_22502423.jpg

そしてご希望により、フローティングキャンドル作り。
我が家で眠っているたっくさんのクッキー型を使ってもらえる日、笑。
覚えておくと、ちょっとワックスが余った時にも便利です。

e0248558_22502591.jpg

シマシマになったレイヤーキャンドルは、毎回1〜2色ずつ地道に進めています。
フローティングはちょっとペンでおめかしして。


計る工程、溶かす工程、注ぐ工程…
ひとつひとつにうわっ!楽しい!
と楽しんでくれて
私はいつもやっていることだからあまり感動もなしにやってたけど
そうか、そういえば楽しいよね!って
新鮮な感覚をもらっています。

いつでも感動できること、
いろんなことに感謝できること、
それは、気づいた人にだけに与えられる素晴らしいギフトですね。

ありがとうございました。
今日は一日に二回のレッスン。
午後の部に進みます。

あかりlabo






[PR]
by miki-candle | 2016-08-03 22:27 | Comments(0)

ホイップの極意

e0248558_05060572.jpg

ちいさく、ちまちまと作っているもの…
何だか分かりますか?
e0248558_05060668.jpg

あ、わかっちゃったかな?
e0248558_05060777.jpg

基本のモールドを終えると、ジャーキャンドル、ホイップと、少しずつ手を加える工程が多くなってきます。

ホイップは、私のワークショップでもよく使う技法です。
ワックスによって、質感が変わったりしますので、しっかり学んでいってほしいと思います。

e0248558_20555248.jpg

羊さん3頭。
小さいのを3個まとめて作るって、意外にハードだったりします。

毎回楽しい発想が飛び出してきて、改めてキャンドルの奥深さをジーンと実感しています。

尚、もちろん生徒さんが作ったものにも著作権は放棄していませんので、類似品にはご注意を。





[PR]
by miki-candle | 2016-07-30 05:05 | Comments(0)

ハンドメイドジャパンフェスへ

人混みが苦手な私。
イベントにお客さんとして顔を出すって、あまりしないんだけど、珍しくエイっと気合を入れて、東京ビッグサイトへ。

ハンドメイドジャパンフェス。

creemaさんが主催しているイベントで、
知り合いも出展しているし、
どんな感じかな〜と思って
娘も楽しいかなと誘って
フラワーアーティストの植木淳子さんもメール流れで一緒に行く?ってなって。

混むこと覚悟で行きましたが、
午前中はなんとか
午後からまっすぐ歩けないくらい
どのブースを見たかわからなくなるくらい沢山出展してるし(5000を超えるって)
面白いものもたくさんあって、ホーとみたり。
個性的で光るブースは本当わずかだった。

キャンドルのブースは私はほとんど興味がなくて見なかったけど、友達がよく見てました。

私の興味は什器や作品の飾り方。
高さを出したり、照明を使ったり、簡単なもので面白い見せ方をしていたり。
そこばかり注目してました。

ばったりお知り合いに会ったら、あれ?出てたの?って聞かれる。
ううん、お客さんだよと答え。

以前にWSに参加させていただいた、ミニチュアダンボール工作の金澤先生と、
去年一緒に展示したキャンドルのakarimoさんは、
目立つブースでさすがでした。
うまく目立つことが成功ですよね。
それぞれに、また会いましょうねと約束して。

じゅんじゅんと、どんな目的でここに出展してるんだろ?ってことばかり話してました。
じゅんじゅんは、イベント主催もやってるので興味あるよね。

まだ知り合いはいたと思うけど、とても全部回るなんて無理で、人混みに疲れて、三時間くらいで帰ってきました。
でも、楽しかったです。

イベントは今日まで。
ぜひ足を運んでみてください。

ハンドメイドジャパンフェス




[PR]
by miki-candle | 2016-07-23 20:16 | Comments(0)

あかりlabo プロフェッショナルレッスン三回目から、個性が出てきます。

e0248558_08033336.jpg

あかりlaboプロフェッショナルレッスン。
今はほとんど1人ずつのレッスンで、とても内容の濃いものになっています。
e0248558_08033305.jpg

ホイップ。
ロウを空気をいれながら混ぜていきます。
ワークショップでも度々使う技法です。
ワークショップでは全員が小さくて同じものを作りますが、プロフェッショナルレッスンでは好きなものが作れます。
ここから、生徒さんの個性がバンバン出てきて、面白くなってきます。

さて、何を作りましょう?
e0248558_08033487.jpg

可愛いコーギーちゃん。
編みぐるみをもってきて、それに似せて作りました。飼っていたコーギーを思い出しながら。
ぬいぐるみは目が命!ということで
目の位置、大きさ、すごく気をつけました。
こだわるといいものができます。

初めてのホイップを使った技法で、足で立つ犬は難しかったと思いますが(所要時間2時間半)
正直、私もちょっと大丈夫かな?と思いましたが、
やりたい気持ちがあれば、なんでも出来るんですね。
勝手に枠を作っていた自分に反省しました。

生徒さんの作りたいという気持ちと、
私のすこしの経験をプラスして
2人でああでもない、こうしようと考えながら進めるレッスン。
毎回、沢山の勉強をさせてもらっていて、
どんなものでも作れる気がしています。

あかりlabo詳細

[PR]
by miki-candle | 2016-07-20 07:47 | Comments(0)