東京・千葉★キャンドル教室・手づくりキャンドルとワックスアート★MIKI TANAKA

mikitanaka.exblog.jp

好奇心のままに。子どもレッスン

ふわぁっ!と思い立って募集した子どもレッスン。
たくさんの人に参加して欲しいから、参加費も安いのが絶対いいと思って。
春休み、楽しいことをいっぱいしよう!ということで来てくれました。
e0248558_09054482.jpg

e0248558_09054476.jpg

フルーツにお花、たくさん描いて。
ピンクとピーチの香りを選びました。
クローバーのキャンドルは、お世話になった先生へのプレゼントだとか。

e0248558_09054429.jpg

e0248558_09054540.jpg

細かい模様をとにかくたくさん描きました。
丁寧に、丁寧に。
黄色が大好きだそうで、とても明るいキャンドルが出来上がりました。
e0248558_09054511.jpg

e0248558_09054553.jpg

最近、誕生日に連れて行ってもらったディズニーランドの思い出話をしながら、シンデレラ城にビッグサンダーマウンテン、小さな星がキラキラと輝く夜空に散りばめられて。
パープルを選んだのが大正解、夜の雰囲気がぴったりでした。
こねたキャンドルは、ミッキーをモチーフに。とても細かいところまで作りました。
e0248558_09054507.jpg

e0248558_09054694.jpg

くじらに、イカ、タコ、クラゲ…もう止まらない!といったところで、やっぱり描き直す、と。全く違うモチーフが頭に浮かんで、今度は恐竜を描きました、もっと描いて欲しいほど面白い絵だったなぁ!
こねる方は、大好きなかいけつゾロリ。
ゾロリの顔を思い出して作りました。(スマホで画像は出したりしません、想像する絵が面白いから)
e0248558_09054633.jpg

e0248558_09054671.jpg

新五年生のお姉さんは作る前から考えて来たようで、シャチとイルカのイラストを。
シャチはいつも描いているのに分からなくなった、と何度か描き直しました。
こねるキャンドルはとっても細かいドットを並べて、美味しそうなカップケーキ風に。
弟くんが何かをしでかすのではないか…と私に気を使っているお姉さん。
大丈夫です、やんちゃ坊主は慣れています笑。

初めてお会いするお子さんばかりでしたが、たくさん話をしてくれて、知らない人(私)の前でも躊躇なく自分らしさを表現してくれました。
たくさん悩んで考えて出来上がった作品には、ほとんど私の手を加えていません。
大きくなって見返すと、懐かしい頃を思い出せると思います。(だからこれこそ灯せない)

今のお子さんが表現したいように自由をあたえることは、成績が伴う学校ではなかなかできないことと思います。
ご家庭でも、思う存分表現の時間を与えてあげてくださいね。

ご参加ありがとうございました。

子どもレッスンは、また夏休みに考えています。キャンドルを作ることは、楽しいことばかりではありません。
決まりを守ってもらわないと、火傷をします。
きちんと話を聞くこと、約束を守ることを踏まえた上で、自由に表現をする場をこれからも作れたらいいな、と思っています。



[PR]
by miki-candle | 2017-03-31 08:35 | workshop/Lesson | Comments(0)