東京・千葉★キャンドル教室・手づくりキャンドルとワックスアート★MIKI TANAKA

mikitanaka.exblog.jp

食べたくなる?ガレット・デ・ロワキャンドル

これを食べなければ一年が始まらない、と言われるほどフランスでは有名な伝統菓子、ガレット・デ・ロワ。
イエスキリストが神の子として見出された、エピファニーの日、1月6日に食べるという習慣があります。

中に小さな陶器の置物、幸せを呼ぶと言われるフェーブを入れて焼いて、切り分けた時にフェーブに当たった人がその日一日王様や女王様になれて、その一年を幸せに暮らすことができると言われています。

そんなガレット・デ・ロワをキャンドルで作ってみてはどうかと思いつきました。

e0248558_23493073.jpg

フェーブ見つけました(合羽橋)
e0248558_23493156.jpg

試作。
ちょっと失敗。

e0248558_23493185.jpg

何とかそれらしく。

作り方も、そんなやり方?な作り方です。
楽しめると思います。
e0248558_23493174.jpg

前々回の皆さんの作品。

e0248558_23493277.jpg

前回の皆さんの作品。

どれもおいしそうです。
焦げ部分をつけるのと、模様付けが楽しい作業。
e0248558_23493292.jpg

灯し続けると、牛さん、出てきました。

楽しい!と好評のため
3回目のplantscafeでのレッスンが決定しました。

2月10日 10時30分より
門前仲町plantscafeにて
参加費4000円
持ち物とくになし
参加者 あと若干名

作ってみたい方はお知らせください。
http://mikitanakacandles.jimdo.com
(お問い合わせ、ご予約のページがあります)

よろしくお願いいたします!

[PR]
by miki-candle | 2017-01-23 23:32 | workshop/Lesson | Comments(0)