「ほっ」と。キャンペーン

東京・千葉★キャンドル教室・手づくりキャンドルとワックスアート★MIKI TANAKA

mikitanaka.exblog.jp

スイーツに挑戦、プロフェッショナルレッスン

プロフェッショナルレッスン、7日目のTさん。

ほぼ週一ペースで、集中して取り組んでいます。
ちょっとハードかな?と思いますが、
一回三時間以内で作れるものはほとんどありませんので、前回のことを思い出して次に進むことができますし、
キャンドル作りへのモチベーションも保ったまま習えるのでオススメです。

さてTさんの作品
e0248558_07304682.jpg

パフェと、にんじんケーキ。
前回、スイーツの写真を沢山持ってきていました。
にんじんケーキはまだ未完成。
画像をみて、どんな作り方にするか相談します。
今までは私が提案して、その通りに作っていましたが、Tさんからのアイデアがとても良かったので、それを次回挑戦してみます。

キャンドル作りは待ち時間がありますので、その間は他のキャンドルを進めます。

以前から少しずつお友達を集めてワークショップなどを開いているTさん。
作ったキャンドルを見せると、欲しい!とか、作りたい!という声が上がって、あれもやろう、これも作ろうとキャンドルのことばかり考えるようになった、とか。

自分1人ではできないけど、誰かに求められるとそれが原動力となります。
私もそのお陰で続いているかなぁ。
長丁場になると体力勝負となってしまいますので、無理なくご自身のペースで続けてくださいね。
行き詰まったらいつでも連絡ください。

プロフェッショナルレッスンでは、ご希望の方にはご自身で開催されるワークショップのテーマや流れを作ったりもできます。
自信の持てるワークショップを1つ持っていると、それをアレンジしたり発想を変えたりして、応用がききます。
なにより気持ちが楽!
ワークショップをお考えの方は是非。

そして、今までの感想として、1日3時間があっという間で短すぎるという声があります。
充実しているということでしょうか?嬉しいです。
こちらの予定が空いていれば、たとえば5時間とか、6時間とかにして日数を少なくしてもいいかなと思っています。
(ただし、当然のようにやること考えることが盛り沢山です)
只今ご予約中の方で、ご希望の方はお知らせください。

プロフェッショナルレッスン、
私は長年、ずっと、これがやりたかったんだよねえー。
私の好みに皆さんが合わせるのではなく、皆さんの好みに私が対応する。
灯すことを考えられたキャンドルが1人で作れるようになるように。
ワークショップとは全く違うレッスン。
無限の広がりを感じます。


[PR]
by miki-candle | 2016-07-08 06:39 | workshop/Lesson | Comments(0)