「ほっ」と。キャンペーン

東京・千葉★キャンドル教室・手づくりキャンドルとワックスアート★MIKI TANAKA

mikitanaka.exblog.jp

ワックスアート体験会のご報告

ワックスアートのレッスン、全7回で完結する講座の体験会として、お手軽なレッスンを設けています。(ドライフラワーが自由に使えて6500円)

去年ギャラリー林檎の木で開催したところ、他の生徒さんからもやりたい!と連絡をもらったのです。

プライベートレッスンとして開催しましたが、お友達や興味のありそうな方に私から声をかけさせてもらって、5名に来てもらいました。
e0248558_13535693.jpg
個性あふれる作品が仕上がりました。1つ1つ、どれも雰囲気よく仕上がりました。

・1番上の作品は、見本を真似て。近いものができた!と大満足の様子で良かったです。グラデーションがとても素敵。

・グリーンの作品は基礎講座に参加してくださったことのある生徒さん。
下地をザッと塗って上から滲ませるという、高度な技を披露してくれました。

・白っぽい作品は、お花でLOVEと…アイデアに脱帽で、遠くに飾ってみたときに、思わず叫んでしまいました。

・暗めの大人っぽい作品は、一色で仕上げずに色の重ねで作っています。画像がうまく出なくて残念。
・パープルとピンクで1番華やかな作品となりました。初めてとは思えない手つきで思い切った作品が仕上がりました。

何度もキャンドル作りにきてくださっている方を見ていて、作る前に大まかなイメージを作ることができるようになっているなぁ、と感じました。

色を選ぶ、好きな花を選ぶという自分の「すき」の経験を積むと、自然にイメージがしやすくなります。
また、飾っていつも目にすることで、今度はこうしよう、ああしようといつもイメージすることが蓄積されていきます。

そしてレッスンの時に本領発揮。
早く決まる、というよりは、確実なものが決まる、という感じ。
ほぉー上達してる!と実感しました。

テイストを合わせて作っていくと、色を変えても今までのものに近づけて作ることができるようになります。

初めての方は、とりあえずロウの特性を理解してもらって、色や花を重ねていく工程を楽しんでもらうことを目的に作ってもらっています。
とにかく初めてことだらけだと思うので。

ワックスアートは、好きな色を重ねて作っていきますが、半透明のロウの重なりが多いほど、深みのある作品に仕上がります。

あとは、ロウを重ねる上で必要なのが温度。
熱いと下の色も滲み出すし、緩いと塗り壁のようにザラザラとした質感を表現することができます。

キャンドルよりも温度差によるロウの特性を楽しめるのがワックスアートの最大の魅力かな、と思います。
ほんと、自分でもよくワックスアートを考え出したな!と。(今年の目標は、自分を褒める!なので早速笑)

ご参加ありがとうございました。
体験のほうはどうしても2時間という中でやるので私からあらかじめ提案したり、手を出すことも多くなってしまいますが、じっくり全てを自分の手でという方は基礎講座がオススメです。
色のイメージ講座や、テイストの作り方など、あなただけのオリジナル作品を作っていきましょう。(ホームページからご覧ください)

また、キャンドルレッスンのご予約も承っています。
詳細やご予約はHPのcontactからお願いします。
HP http://mikitanakacandles.jimdo.com
FBページ https://www.facebook.com/mikitanakacandles
twitter https://twitter.com/mikicandles
instagram http://instagram.com/mikitanakacandles

フォロー&いいね!お待ちしております






[PR]
by miki-candle | 2016-01-17 13:20 | workshop/Lesson | Comments(0)