東京・千葉★キャンドル教室・手づくりキャンドルとワックスアート★MIKI TANAKA

mikitanaka.exblog.jp

キャンドルを仕事にする、ということ

こんにちは、mikiです。

最近思うこと。
私のキャンドルレッスンにも、キャンドルを作るのが大好きです、という方が来られることが多くなりました。

数年前は、キャンドルを作っていると言ったら

そんなことできるんですか?

と言われていたので、同志が出来たようでとても嬉しい気持ちになります。

ただ、いろんなブログやSNSを見ていると、キャンドルの作品を販売をしているという方が、どこかのサイトで見たものを量産して販売している、というのをよく見かけます。
その方のオリジナルなはずなのに、そっくりそのまま、です。

んー!ちょっと待って。
そこから許可を取っていますか?
レッスンで学んだとしたら、販売可能としているレッスンを受けられていますか?
もしそうでなければ
それは、自分の作品として発表してはいけないことになります。

作品には、作った側から著作権というものが発生します。
それはモノが出来た時点で自然に発生し、特に登録などする必要はありません。

対象となるのは、作品として発表しているものはもちろん、小さな絵やこういったブログの文章、写真なども。

先方と同じような作品を販売するということは、著作権違反といわれても仕方のないこと。
その人のオリジナルかどうかなんて、作品を実際に見比べたら一目瞭然です。

気をつけてください。

著作権とは?ウィキペディアより


そして、いつも言いたいことは
自分だけのオリジナルで勝負してみましょう、ということ。
きっといいものができるはず!
もっとオリジナル性のある作品を私は沢山見てみたい!笑

すこし話がずれますが、最近色んな士業の方とお知り合いになることが増えてきました。
行政書士さん、弁護士さん、弁理士さん、税理士さん。

プチ起業がブームになり、趣味から仕事へと流れているが増えているようですね。
かくいう私もそうでした。
でも、これって大丈夫なの?と思うことがたくさんでできて、自分で調べたり、専門家の方に聞くなどしています。

なにより、不安なまま仕事なんて進みませんからね。

お客様から対価をいただく仕事をしているのなら、最低限のルールは知る必要があるようです。

ある日突然訴えられたり、調査が入る、なんてということに会わないためにも…

そして、それらの法律はあなたのことも守ってくれる、というありがたいものなのです。
知っておいて損はないでしょう。

ちなみに、私のレッスンもすべてオリジナルのレシピで作っています。
これに関して、著作権は放棄していません。

純粋にキャンドル作りを楽しんでもらうことを目的に開催しています。


ご予約時にはご注意くださいね。


mikitanaka

HP http://mikitanakacandles.jimdo.com
FBページ https://www.facebook.com/mikitanakacandles
twitter https://twitter.com/mikicandles
instagram http://instagram.com/mikitanakacandles
フォロー&いいね!お待ちしております!
[PR]
by miki-candle | 2015-05-27 04:21 | workshop/Lesson | Comments(0)