「ほっ」と。キャンペーン

東京・千葉★キャンドル教室・手づくりキャンドルとワックスアート★MIKI TANAKA

mikitanaka.exblog.jp

キャンドル作りを始めよう!芯について

e0248558_2011147.jpg

こんばんは。
さて、今回は芯について。

既製品のキャンドルを溶かした後に残った芯は、再利用できますが、必ずキャンドル用の芯を使ってください。

木綿製、紙が編み込まれたもの、木製と、芯にもいろいろ種類があります。

作りたいキャンドルの径に合ったものを選んでくださいね。親切に説明しているネットショップがあります。

ワックスを溶かす際にやっておくと便利な事、これは芯のロウ引きです。

画像の左がロウ引き前、右がロウ引き後。

ロウに浸してキッチンペーパーで拭くだけです。

ピンと張った芯は、キャンドルの穴に挿すのも簡単です。

また、キャンドルの中でもまっすぐに芯が入っていることは、燃焼においても大事なことなのです。

また、火がつきやすいという利点もあります。
芯の端は結んでおいて、キャンドルから抜けないようにしましょう。

e0248558_201128.jpg

型から出したキャンドルを逆さにして、芯を挿します。
完成です。

芯は1センチあれば、十分です。
カットしましょう。

簡単に手軽にキャンドルが作れるようにご紹介してきましたが、
かえって読むのが面倒くさそうな記事になってしまいました、笑。

今まで何百もの数を作ってきて、伝えたいこと、教えたいことがたくさん溢れだしてきました。

私なりの方法を皆さんにこれからもお伝えできたら、と思い、新しいキャンドルクラスを考えています。

決まり次第、こちらのブログでご案内しますね。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

キャンドル作りの質問、メールマガジンの登録、作品紹介など、
ホームページはこちら
http://mikitanakacandles.jimdo.com/
[PR]
by miki-candle | 2015-04-11 19:45 | candle | Comments(0)